日本証券アナリスト協会

第17回夏期SAAJセミナー

トランプ政権下の
グローバル金融環境の変化と債券投資戦略

【開催日時】

2017年7月4日(火)13:30~17:00
(受付開始13:00)

会 場
日本証券アナリスト協会 第1セミナールーム
東京都中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所ビル6階

参加料(税込み)
①  8,200円:※検定会員等

②  6,200円:上記①のうち首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)以外に居住される方。  (勤務先が首都圏の方を除く)

③10,300円:日本証券アナリスト協会認定PB資格取得者(上記①以外の方)。

④  8,200円:同PB資格取得者で首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)以外に居住される方。(勤務先が首都圏の方を除く)

⑤12,300円:上記①~④以外の方。

割引
検定会員(CMA)、検定会員補(CCMA)の方で継続学習のクレジット取得者(倫理・規制関連3クレジットを含む60クレジット)は、マイページから申し込むと割引価格が適用されます。

※「検定会員等」とは
検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)、一般会員、個人賛助会員、法人会員・法人賛助会員の役職員、検定会員補(CCMA)、1次・2次・基礎講座受講者、大学生

※「検定会員等」とは
検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)、一般会員、個人賛助会員、法人会員・法人賛助会員の役職員、検定会員補(CCMA)、1次・2次・基礎講座受講者、大学生

< プログラム >

セッション 1】
13:35-14:35

『トランプ政権始動後のグローバル経済への影響』

河野 龍太郎 (こうの りゅうたろう) 氏 CMA
BNPパリバ証券株式会社 経済調査本部長 チーフエコノミスト

従来、世界経済の先行きを考える際、長期停滞仮説を前提にしてきた。日米欧ともに労働力鈍化やイノベーション枯渇で潜在成長率が低下し、ディスインフレや低金利が続くと考えていた。しかし、低い潜在成長率という点では長期停滞仮説に変わりはないが、物価、金利はポピュリズム政権の誕生が転換をもたらしそうである。

【セッション 2】
14:50-15:50

『新しい金利局面での債券投資戦略① クレジット投資戦略』

大橋 俊安 (おおはし としやす) 氏 CMA
大和証券株式会社 金融市場調査部長 チーフ・クレジットアナリスト

・日銀マイナス金利政策導入後のクレジット投資の変化(已む無く信用リスクも金利リスクも活用へ)

・金利局面変化(日銀によるYCC/トランプ政権誕生)を受けての教訓と反省(格付けの活用再考へ)

・クレジットの活用は基本への回帰?

・注目クレジット商品、注目セクター/銘柄について

セッション 3】
16:00-17:00

『新しい金利局面での債券投資戦略② ファクター投資戦略』

菊川 匡(きくがわ ただし) 氏
野村證券株式会社 ストラクチャード・プロダクト部 マネージング・ディレクタークオンツ・インデックス・ストラテジーヘッド

債券のファクターとしてデュレーション、キャリー・ロールダウン、クレジットを定義し、日本の年金アクティブ・ファンドの超過リターンがクレジット・ファクターを源泉としていることを示す。そしてキャリー・ロールダウンはプレミアムが高くクレジットや株式と相関が低く新しい金利局面においても有効であることを示す。

セッション 1】
13:35-14:35

『トランプ政権始動後のグローバル経済への影響』

河野 龍太郎 (こうの りゅうたろう) 氏 CMA
BNPパリバ証券株式会社 経済調査本部長 チーフエコノミスト

従来、世界経済の先行きを考える際、長期停滞仮説を前提にしてきた。日米欧ともに労働力鈍化やイノベーション枯渇で潜在成長率が低下し、ディスインフレや低金利が続くと考えていた。しかし、低い潜在成長率という点では長期停滞仮説に変わりはないが、物価、金利はポピュリズム政権の誕生が転換をもたらしそうである。
※プログラム内容は予告なしに変更されることもございます。予めご了承下さい。

< 講師略歴 >

河野 龍太郎  氏 CMA

1987年横浜国立大学経済学部卒。同年住友銀行(現三井住友銀行)入行。89年大和投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)入社。97年第一生命経済研究所入社。2000年より現職。日経ヴェリタス「債券アナリスト・エコノミスト人気調査」エコノミスト部門(2008 年~10 年、12~15年) 第1位。共訳にアラン・ブラインダー「金融政策の理論と実践」(東洋経済新報社)、共著に「金融緩和の罠」(集英社)等。 

大橋 俊安  氏 CMA

1990年 早稲田大学理工学研究科修了(工学修士)。96年 ピッツバーグ大学大学院(公共・国際問題学修士)。96年大和総研 入社。2002年大和証券SMBC(10年大和証券キャピタルマーケッツに、12年大和証券に商号変更)。11年10月より金融市場調査部長兼チーフ・クレジットアナリスト。

菊川 匡 氏 

早稲田大学応用物理学科卒、東京理科大学総合化学後期博士課程修了 博士(理学)。富士銀行、ゴールドマン・サックス証券金融戦略部長、モルガン・スタンレー証券円貨債券市場部長、ABNアムロ証券債券市場本部長などを経て現職。

< 参加申込方法 >

申込締切:2017年6月27日(火)

  • 申込み方法

    参加ご希望の方は「申込みはこちら」ボタンをクリックし、該当セミナーの「受付中」をクリックして下さい。申込フォームに入力のうえ、参加料のお支払い先を選択し、送信して下さい。マイページに登録している方(ID・パスワード取得者)は、マイページからお申込み下さい。

  • 参加料のお支払い方法

    ウェブサイトのお申込み画面上で、お支払い先(コンビニエンスストア、ペイジー等)を選択して下さい。
    申込から1週間以内にお支払い下さい。なお、振込手数料はご負担願います。
  • 参加証

    入金確認後、当協会より参加証をメールアドレスにお送りします。
    セミナー当日は印刷してお持ち下さい。東京証券取引所ビル1階受付に必ず提示のうえ、6階会場受付に提出して下さい。

  • 申込みキャンセルの場合

    参加取消の場合には、6月27日(火)(必着)までに書面にて事務局宛お知らせ下さい。
    手数料を差し引いて返金します。6月28日(水)以降の取消については返金しませんので、ご了承下さい。

  • お申込みの際に入力いただいた氏名、所属先、連絡先等の個人情報については、通信連絡および当協会内管理資料の作成に使用します。

  • 申込み方法

    参加ご希望の方は「申込みはこちら」ボタンをクリックし、該当セミナーの「受付中」をクリックして下さい。申込フォームに入力のうえ、参加料のお支払い先を選択し、送信して下さい。マイページに登録している方(ID・パスワード取得者)は、マイページからお申込み下さい。

【会場へのアクセス】

◆ 東京メトロ東西線/日比谷線 茅場町駅 B10・B11出口より徒歩5分

◆ 都営地下鉄浅草線 日本橋駅 D2出口より徒歩5分

◆ 東京メトロ銀座線 日本橋駅 C1出口より徒歩5分

【お問い合わせ先】

公益社団法人 日本証券アナリスト協会
セミナー担当


TEL:03-3666-1515
FAX:03-5640-4529
E-mail: seminar@saa.or.jp

〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所ビル5階

【前回の開催模様】

第16回夏期SAAJセミナー
「マイナス金利下の債券運用」


① QQEからマイナス金利へ:実験的金融政策の評価と課題(講師:早川英男氏)

② マイナス金利下における債券運用戦略-安定収益追求の視点から-(講師:津田雅義氏CMA)

③ グローバルなマイナス金利下の年金運用の考え方(講師:喜多幸之助氏CMA)についてお話しいただきました。

  • Facebook SAAJ
  • Twitter SAAJ